banner

【東京⇔大阪】快適高速バスの座席選びのコツ

東京には最新トレンドスポットはもちろん、歴史あるスポットもたくさんあります。
その両方を楽しめる人気のスポットと言えば、やはり、浅草ではないでしょうか。
雷門をくぐって仲見世での買い物や浅草寺でのお参り、江戸前の寿司や駒形どじょう、明治時代から続く名店ですき焼きを食べ、スカイツリーの展望台に昇るのがおすすめです。0-35.jpg

一方、大阪も歴史と現代が楽しめる場所です。
秀吉の時代を象徴する大阪城の天守閣に昇ったら、食い倒れの街、道頓堀で粉ものグルメを楽しんだり、心斎橋で最新ファッションのショッピングもいいかもしれません。
東京・大阪間を移動するなら、リーズナブルに行ける高速バスがおすすめです。

新幹線の半額から3分の1程度の料金で移動できるため、その分、観光や食事、買い物にお金を回すことができるでしょう。
もっとも、バスの便により、およそ8時間から10時間の旅になります。
観光を思い切り楽しむためにも、移動に快適な座席を選ぶことがポイントになります。

座席選びのコツですが、まずは各バスのシートタイプをチェックしましょう。
バス会社や便にもよりますが、座席は必ずしも希望通りの席が取れるとは限りません。
そのため、どの席に座っても居心地、寝心地がいいようシートが重要になるのです。

バスのシートはどれも同じではありません。
3列シートや4列シートがあり、それぞれ横幅や足を伸ばせる空間の幅、隣の席との距離にも違いがあります。
シートの素材も、最新設計の有名メーカーの素材を採用するなど、より快適性を追求しているバスもあります。
フットレストやオットマン付、マッサージ機能付きなど多彩なので、料金とのバランスを考えながら予算の範囲で最も良いと思われるバスを選んでください。
そのうえで、座席の位置の希望が通る場合は、以下の点に注意しましょう。

もちろん、好みにもよりますが、一般的にはエンジンの近くは音が気になる、タイヤの上の席は揺れが気になるなどと言われます。

窓際は一般的には人気ですが、車窓を楽しむ昼間のバスと違い、眠るには音や差し込む光が気になるという方もいます。

バス参考サイトURL:西武バス
バス参考サイトURL:東武バス
バス参考サイトURL:bus24.jp